アクセス解析
FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2017'06.24.Sat

暁の独眼竜

舞台 「刀 剣 乱 舞 -暁 の 独 眼 竜」 - 観てきましたー。

290624.jpg

「この日しか行けない!!頼む!」とポチったところ当たりました。
ありがたいです。



前作と殺陣の雰囲気とかスピード感が違う気がしました。
オープニングやエンディングもダンサブルでした。

じじいとじじいの手合わせからの近侍いじりが
じじいのじじいたるじじい感があってよかったです。

じじいのゲシュタルト崩壊。


歌仙の一度立ち止まる→マントを払う→上半身固定で走り去る様子が
もう完全に歌仙の個性というか「ああ、そうか。歌仙ってこうなんだ」
とストンと違和感なく思えてすごいなと思いました。

初手が力強すぎてパワー型感がある刀の扱いが良かったです。
アンサンブルの方の、飛ばされ方がとてもきれいでした。すげぇや!

最高に悲しい顔での「お小夜が…冷たい…?Σ(゚д゚lll)」
というリアクションと、遠足のしおりも好きでした。


いや別に歌仙推しではないのですがとにかく印象に残りました。



あと、政宗が「首の皮一枚つながったな」をネタにして
家臣たちと共に散々秀吉を茶化すのが面白かったです。
あの辺は日によって少し変わるのかもしれませんが。
政宗さまのオンオフの差が激しい感じのキャラ、大好きです。


あとは光忠クッキングと、黒鶴さんと、三日月の舞と…
色々詰めこんでボリュームもかなりありました。

三日月は多対一の殺陣のシーンになるとなぜかラスボス感すらあり、
速さと美しさのある殺陣でした。


舞台を見に行くまでの間に貞ちゃんが私の本丸に来てくれるかなと
思いつつ頑張ったけど、案の定、一向にやってくる気配がありません。

なぜなんだぜ。



あと、期待値が高すぎてついつい舞台を見る前に…
というか、入場すっる前にDVD購入手続きをしてしまいました。

次回作に期待しつつ、舞台での小狐丸も待ってます。
まじで。
映画と舞台トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。